<video id="91h1x"><em id="91h1x"><th id="91h1x"></th></em></video>
<meter id="91h1x"><cite id="91h1x"><delect id="91h1x"></delect></cite></meter>

<big id="91h1x"></big>
    <noframes id="91h1x"><dfn id="91h1x"><progress id="91h1x"></progress></dfn>

          <address id="91h1x"></address>

          <noframes id="91h1x"><span id="91h1x"><i id="91h1x"></i></span>

              自動車用防音材?塗料の日本特殊塗料株式会社 > NITTOKU NEWS > 塗料事業本部 > 『モデルグラフィックス』片渕監督連載の調査?研究に協力

              NITTOKU NEWS

              『モデルグラフィックス』片渕監督連載の調査?研究に協力

              • LINEで送る
              • このエントリーをはてなブックマークに追加
              『モデルグラフィックス』片渕監督連載の調査?研究に協力

               『月刊モデルグラフィックス』より、重要科学技術史資料(未来技術遺産)となっている、当社が所蔵する航空機用塗料見本帳「海軍航空機用塗料色別標準」について、取材を受けました。



               アニメ映画『この世界の片隅に』で知られる片渕須直監督が月刊誌『モデルグラフィックス』で連載されている、「色のいろいろ/模型ライフを豊かに彩るための、色の博物史」2月号(12月25日)と3月号(1月25日)に掲載されました。
               実は片渕監督は著名な軍事研究家というもうひとつの顔をもっており、同誌の連載では、旧日本軍で使われていた航空機などで実際に塗られていた色について、調査?研究された内容がつづられています。
               片渕監督の研究成果は、博物館の展示品となる復元やレプリカ作製時の色彩指定には欠かせないものとなっています。今回の調査?研究が、模型などの楽しみ、そして文化財保護や振興のさらなる発展に寄与すればと考えます。


              『月刊モデルグラフィックス』 2月号(12月25日)

              『月刊モデルグラフィックス』 3月号(1月25日)

               株式会社アートボックス


              • LINEで送る
              • このエントリーをはてなブックマークに追加